本文へスキップ

健康で幸せな人生の為に

電話でのご予約・お問い合せはTEL.090-1114-9811

〒948-0007 新潟県十日町市四日町新田398-27

栄養 : 生命力(気)を取り入れる

1.自然のものを摂る

●栄養学が無視する「気」

 現代の栄養学はかなりの研究が進んでいて、どの食材にはどんな栄養素がどれだけ含まれているか、そしてそれは人体にとってどれくらい必要か、ということなどがとても詳しく分析されています。しかし、そうした科学的データばかりに振り回されていると、より大切なものを取り損なってしまいます。それは「気」に他なりません。
 最近では各種栄養素をバランス良く配合したビスケットや飲み物などが売られています。それはそれで全く意味がないとはいいませんが、そうした工場で科学的に作られた人工食品からは、大自然の「気」を吸収する事は出来ません。
 「気」を体内に取り入れるためには、何よりも自然の産物を摂ることです。それも、旬のものが最高です。それによって栄養も「気」も同時に吸収する事ができます。
 仮に、人工食品などで栄養を補給せざるを得ないならば、より一層「気」を補給する事にも目を向けるべきです。
 同じ理由で、できるだけ添加物や加工、精製の少ないものが良いでしょう。そうした人工のプロセスは、自然の食材からせっかくの「気」を抜き取ってしまうからです。つまりできるだけ白米よりも玄米、上白糖よりも黒糖、冷凍よりも生のもの、温室栽培や養殖よりも旬のもの、ということです。
 精製、加工、冷凍、温室、養殖などの技術が出てきたのは、長い人類歴史から見ればつい最近のことです。それまでのとてつもなく長い期間、私達の先祖は何世代にもわたって自然のものばかりを食べ続けてきたわけですから、私達の身体は、もともとそういうものに慣れているのです。

2.愛情のこもったものを摂る

●愛情は人間が放つ「気」

 「愛情のこもったもの」とは裏を返せば、人間の手を経たものですから、これは@の「自然のものを摂る」と多少矛盾しているような感じがするかもしれません。しかし「気」を取り入れるという観点から見れば、実は同じことであるともいえるのです。
 「気」は何も自然からだけ来るとは限りません。はつらつと元気な人は、自然やいろんな人との交流から「気」を吸収すると同時に、それをさらに強めて周囲にも「気」を放っているのです。そういう人との出会いは、私達を不思議と幸せな気持ちにしてくれます。もちろん身体も元気になります。
 要するに、「愛情のこもったものを摂る」とは、その料理などを作ってくれる人の「気」をも同時に吸収するということです。新鮮な食材が発散する自然の「気」と、人間の愛情という「気」が合わさったものを食べ続ければ、元気にならないはずはありません。外食するよりも家庭料理のほうが良いのは、ただ栄養面だけの問題ではないのです。逆にどんな旬のものを厳選して調理したとしても、ぶつぶつ文句を言いながら、恨みを込めて作ったものを食べれば、その「邪気」によって生命力が根こそぎ奪われてしまうこともあります。

3.感謝して摂る

●「気」を食べる秘訣

 自然の恵みに、作ってくれた人に、神仏に、とにかく感謝して食べる。それによってどんなものでもおいしく食べられるし、おいしいと思いながら食べれば、消化吸収も良くなり満足も早く、食べ過ぎたりしません。いまさら倫理道徳でもない、と抵抗を感じる人もいるかもしれませんが、実際、感謝することによって「気」がスムーズに流れます。これは 5. 正しい生き方(心)の項目とも関わってくることですが、何事もプラスの方向に意識を向けた方が細胞が活性化して病気も治りやすくなります。

4.「気」を補うものを摂る

●補気薬の力

 「気」を十分に吸収するためには、@の「自然のものを摂る」をできるだけ実践することですが、そうした通常の食事以外にも、「気」を補うものとして、環境汚染などなかったはるか昔から重宝されてきたものがあります。
 それは漢方でいう「補気薬」と言われるものです。「補気薬」の中には、体質に合わせていろんなものがありますが、「高麗人参」のように、万病万人に効くといわれるようなものもあります。
 こうした「補気薬」は、どうしても「気」が不足しがちな現代人にとっては、なおさら貴重なものになってきています。トータル健康法では、数ある「補気薬」の中でも特に「漢方の王様」とも呼ばれる「高麗人参」に注目して、それを積極的に取り入れています。


5.良い水を摂る

●消毒によって生じる新たな毒

 水道を消毒するための塩素が問題になっています。塩素によってトリハロメタンという発ガン性物質が、微量ですが水道水の中に発生します。また塩素は、アトピーなどを引き起こす原因にもなっているらしいということが言われています。さらに飲み水が酸性になってしまうことも、塩素消毒の問題点の1つです。
 人間の飲み水は自然のままの弱アルカリ性であることが理想的です。しかし現実には水道水に頼らざるを得ないので、その水道水を家庭内で弱アルカリ性に変えることができると同時に、発ガン性物質などを除去する浄水器としての機能を併せ持つアルカリイオン水生成器が有効です。




Mizuochi Seitaiみずおち整体

〒948-0007
新潟県十日町市四日町新田398-27
TEL 090-1114-9811
  (025-752-0094)
FAX 025-752-0097
E-mail mizuochi@mcn.ne.jp