本文へスキップ

健康で幸せな人生の為に

電話でのご予約・お問い合せはTEL.090-1114-9811

〒948-0007 新潟県十日町市四日町新田398-27

排泄 : 血をきれいにする

1.様々な排泄

 「排泄」といえば、主に便や尿のことが連想されますが、実は人間はもっと多様な排泄行為を行っています。
 たとえば「くしゃみ」は、鼻から入った細菌などを鼻の中の粘膜で殺菌したものを対外に吹き出す為の排泄行為です。また、鼻やのどでくい止めることのできなかった異物を、肺で免疫を担当している細胞が素早く殺菌して痰として排泄するのが「咳」です。
 目にゴミが入った時はすぐに涙が出てそれを押し流します。細菌が目の奥にまで入ってきた場合は、白血球が自らの中にその細菌を取り込んで消化します。消化が終わると白血球は死にますが、その死骸が「目やに」です。他にも異物や細菌を攻撃して戦った白血球の死骸は、様々な形で見ることができます。けが等をした時に出る膿もその一つです。蚊に刺されて赤く腫れるのも白血球が戦っている証拠です。
 呼吸も排泄行為を伴っているといいうことを忘れてはなりません。「吐く息」は身体に不必要な二酸化炭素やほこり、アルコールなどを排泄します。もちろん「汗」も重要な役割を担っています。
 特に大切な便と尿、汗についてもう少し詳しく説明します。


2.便

(1)増えている便秘

 基本的には入ってくるものが良ければ、この排泄はスムーズに行われるようになるはずです。しかしそれがなかなか難しい現代では、便秘などの症状を訴える人がとても多くなっています。そこでむりやり薬などを使って出すことになるのですが、一時的には止むを得ないとしても、これが常用になると問題は深刻です。排便のタイミングと身体の生理的要求との間にズレガ生じることによって、本当に排泄されなければならない毒素などが体内に留まってしまいがちになるのです。
 また便秘薬などによる便は、たいていの場合、下痢気味になるのですが、それは薬によって便を柔らかくして、その柔らかいところだけを強制的に排泄させるからです。そして固いところはそのまま体内に取り残されてしまいます。やがてその古い便は腸内で固まり、より排泄が難しくなり、しかも便が腸内に長く留まることによって、そこでまた新たな毒素が発生してしまいます。


(2)排便を促進するために

 @植物繊維を一日6g以上摂る
 A腹筋運動と一日1万歩を
 B起床時にコップ3杯のアルカリイオン水
 Cストレスを避ける
 D下剤の悪循環を断ち切る

3.尿

(1)冷え尿はだめ

 尿を排泄するという事で気をつけないといけないのは、尿がどんな状態で出ているかです。身体が冷えたりするとトイレが近くなったりしますが、冷えや寒さによって出る尿には、せっかくの栄養分が混じっていたり、逆に老廃物が出ずに、ただ水分だけが出てくるといったようなことがあります。そうすると体内の水分が不足して便秘の原因にもなったりします。ですから尿は身体を温めた上で出すようにすべきです。
 しかし、だからといってあまりトイレを我慢するのも良くありません。事務系の仕事の女性には腎臓や膀胱の病気の人が大変多いそうです。その原因は周囲の目を気にして尿を我慢するという傾向があるからです。そのためにも、身体、特に下半身をよく温めて、自然なバランスで尿を出すようにしましょう。

(2)尿で出てこないもの

 排尿は大切な排泄行為ではありますが、水に溶けるものしか排泄されません。脂などは、それが酸などに分解されていれば別ですが、脂のままであれば出てきません。同様に脂と一緒に入った毒素も出てこないのです。
 そうした毒素の代表的なものが鉛や水銀などの重金属類です。たとえ微量でもこれらの混じっている食品を食べ続けることで、時間をかけて体内に蓄積されます。これらは尿でも便でもなかなか排泄されません。重金属類の恐さは、神経障害を引き起こしやすい事、また遺伝子を破壊して、子孫に影響を与えてしまうという事です。


4.汗

(1)汗をかかない現代人

 科学技術の発達に伴って、現代人はあまり汗をかかなくなりました。仕事も家事も冷房が完備された部屋の中です。その仕事や家事自体も、かなりの部分、電気器具などがやってくれます。移動は電車や車、その車内も冷房完備です。その上特に女性の場合は汗を抑えるスプレーを携帯しています。

(2)毒素の混じった汗

 汗には体温調節だけではなく、便や尿で排泄されない重金属などの毒素を出すという、とても重要な役割があります。
 身体が芯から温まってよく燃焼した時に出てくる汗は水分だけではなく、皮脂腺から出た脂の混じったものになります。この脂の汗の中に、鉛やカドミウム、水銀など身体に重大な影響を与える重金属類が含まれています。
 現代人は昔の人に比べて、汗によって排泄しなければならない毒素がたくさんあるにもかかわらず、より汗をかかなくなっているというかなり恐ろしい状況にあります。


Mizuochi Seitaiみずおち整体

〒948-0007
新潟県十日町市四日町新田398-27
TEL 090-1114-9811
  (025-752-0094)
FAX 025-752-0097
E-mail mizuochi@mcn.ne.jp