本文へスキップ

健康で幸せな人生の為に

電話でのご予約・お問い合せはTEL.090-1114-9811

〒948-0007 新潟県十日町市四日町新田398-27

自分でできる健康法Selftreatment

ふくらはぎ健康法

(1)ふくらはぎをマッサージしよう!!

 健康管理の一番の秘訣は血液の流れを円滑に保つことです。その鍵を握っているのが、実は足の「ふくらはぎ」です。ふくらはぎの筋肉を揉み解すと、血液の流れがスムーズになり、全身のあらゆる組織が活性化して病気も快方に向かいます。
「足は第2の心臓」という言葉も一般的に使われますが、最近は「ふくらはぎこそが第2の心臓だ」とも言われています。

●健康状態はふくらはぎに反映される

 健康な人のふくらはぎは、つきたてのお餅のように温かくて柔らかく、そして弾力性に富んでいるのに対し、病気の人のふくらはぎは、パンパンに硬かったり、内部に芯のようなしこりがあったり、ひんやりとして冷たかったり、或いは柔らかすぎて弾力が無くなっているなど、ふくらはぎの状態と全身の健康状態には、相関関係があるようです。

・良いふくらはぎ(健康状態良好)

@適度に体温が感じられる
A柔らかくて弾力性がある
B皮膚に張りがあり、押さえて気持ちが良い
Cコリコリした塊が無く、中まで柔らかい
D指を離すと同時に、元の状態に戻る

・病気別ふくらはぎの状態(基準は温度、硬度、弾力性)

熱くて硬い  高血圧
熱くて硬くない 急性炎症、カゼなど
冷たくて硬い 冷え症、婦人病、自律神経失調症
冷たくて柔らかい 糖尿病
冷たくて柔らかく全く弾力性が無い 腎臓病
       

●ふくらはぎマッサージのポイント

@刺激は内側、中央、外側の3つの部位に分けて行う

 3つの部位をひととおり行った後、しこりや痛みのある部位を、さらに時間をかけて丁寧にほぐす。

・症状に対応するふくらはぎの部位

   
 外側  アキレス腱〜中央  内側
頭痛、肩凝り、腰痛、めまい、耳鳴り、首痛、肋間神経痛、膝痛など 動悸、息切れ、頭痛、イライラ、不眠、坐骨神経痛、膝痛、むくみ、膀胱炎など 肝臓病、冷え症、月経不順、ホルモンの失調、更年期障害、便秘、排尿困難など

A「痛いけれども気持ちがいい」強さを目安に刺激する

 ふくらはぎマッサージを始めた当初は、誰でも多少の痛みを感じるのが普通です。ふくらはぎが硬ければ硬いほど、痛みも強く感じます。痛いところは悪いところでもありますから、ある程度の痛みは我慢してほぐしていきましょう。
 顔がゆがんでしますほど痛くすると、皮膚や筋肉組織を損傷させる危険があり、かえって逆効果になります。
 家庭療法に適した刺激は、痛いけれども気持ちがいいが基本です。ちょっと押さえただけで苦痛を感じる人は。先ずさするところから始めましょう。

(2)ふくらはぎの筋肉を鍛える!!

「老化は脚から」と言われます。
健康な生活を送るためには、脚の筋肉を衰えさせないことが大事です。これまで脚の強化運動では、ふくらはぎはあまり重視されていませんでしたが、自分の体を支えて生活するという点では、ふくらはぎの筋肉こそ鍛える必要があります。

  @つま先立ち
両足を自然に開いて立ち、ゆっくりとつま先立ちする。10秒ほど静止し、静かに元の姿勢に戻る。この動作を、適度に休みを入れながら、朝昼晩それぞれ10分を目標に繰り返す。イスなどにつかまりながら行っても良い。
  A速足歩き
かかとから着地し、足の裏全体を地面につけ、最後につま先で地面を蹴り上げるように歩く。いくらか速足で、元気良く歩くようにすると、ふくらはぎの筋肉強化に役立つ。普段の生活からこの歩き方を心がける。
  B足首の曲げ伸ばし
床にあお向けに横たわり、足は自然に開き、手は体の横に伸ばす。つま先をぐっと前に伸ばし、10秒ほど静止してから、ゆっくり元に戻す。次に、つま先を手前にそらし、10秒ほど静止してから、ゆっくり戻す。この一連の動作を、適度に休みを入れながら10分ほど繰り返す。

Mizuochi Seitaiみずおち整体

〒948-0007
新潟県十日町市四日町新田398-27
TEL 090-1114-9811
  (025-752-0094)
FAX 025-752-0097
E-mail mizuochi@mcn.ne.jp